トップページ > 免疫活性成分MREについて

免疫活性成分MREについて

免疫活性成分MRE®(MRE酵素)とは、約22億年前に誕生されたとされ、環境汚染の無い九州の山中で発見され約30年もの歳月をかけて培養に成功し、悠久の時を越えようやく得られた共生菌群です。いわば大自然と科学の融合で生まれた天然由来物質で、200度の熱を加えても死滅しないため、健康・美容・さらには環境改善へのサポート力が期待されます。

MRE®には、通常の消化酵素の5,000倍から1万倍の分解力があります。また、生存の危機に際し、自ら細胞融解するバルク型酵素を放出します。MRE®は、MRE共生菌群の栄養細胞から分泌された消化酵素群と内胞子化(スポア化)に伴って放出されるリソゾーム酵素相同のバルク型酵素群との混合された酵素群によって、MRE共生菌群の自身の菌体を低分子領域まで分解して作られます。

MRE®は、新バシラスsp.(Bacillus sp.)(FERM BP-11209)、リシニバシラスフシフォルミス(Lysinibacillusfusiformis)(FERM BP-11206)、バシラスソノレンシス(Bacillussonorensis)、リシニバシラスsp.(Lysinibacillus sp.)(FERMBP-11207)、及びコマモナスsp.(Comamonas sp.)(FERMBP-11208)(※新菌として登録)から成るMRE共生菌群を分解することによって生じる免疫賦活物質を有効成分として有するものであることを特徴とする、免疫増強組成物です。

今までにない全く新しい成分なのです。

MRE®は、自然免疫の受容体であるTLRやNLRおよびRIGなどを刺激し、それに引き続き、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞、ナチュラルキラーT細胞を含む自然免疫応答細胞を活性化させると共に、Th17およびTh1、或いはTreg等の自然免疫と連動するリンパ球系免疫を活性化させます。また、過剰な免疫反応を抑制するIL-21を産生させる一連の免疫プロセスの活性を誘導することによって、抗癌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用を増強させCTLの暴走に起因する自己免疫作用を緩和する内容で、日本国特許と米国特許を取得しています。

日本国特許第 4951150号 免疫増強組成物及びそれを製造する方法
米国特許第 8454979号 Immunopotentiating composition and process for producing same
日本国特許 http://astamuse.com/ja/granted/JP/No/4951150
USPTO http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect2=PTO1&Sect2=HITOFF&p=1&u=/netahtml/PTO/search-bool.html&r=1&f=G&l=50&d=PALL&RefSrch=yes&Query=PN/8454979

現在、神経伝達物質の異常放出や脳内炎症が統合失調症、うつ病、脳梗塞やアルツハイマー型認知症などの脳神経精神疾患の原因の一部と推測されており、過剰な伝達タンパク質を分解して伝達効率を適正に抑える物質の発見が、脳神経精神疾患の新しい治療につながると期待されています。

MRE®には強力なタンパク質分解力があり、抗炎症作用を増強させる免疫増強組成物として特許を取得しています。

免疫活性成分MRE®配合ドリンクLotus蓮(ロータスレン)
Lotus蓮(ロータスレン)は、腸内解毒・細胞内解毒・体内毒素排出・自然免疫・血液浄化・ホルモンバランスに力を発揮します。花粉症・アレルギー体質改善にも作用します。
免疫活性成分MRE®配合ドリンクLotus蓮は0calです。ダイエットや美肌効果も期待できます。

免疫活性成分MRE®配合ドリンクLotus蓮はMRE合同会社オンラインショップから購入できます。

MRE®の商標は、有限会社メイショウのライセンスにもとづき使用しています。